おすすめの養育費保証サービスランキング!

おすすめの養育費保証サービスをランキング形式で紹介します!

ひとり親世帯の貧困が深刻な状態になっていることをご存じでしょうか?
2020年に発表された厚生労働省の2019年国民生活基礎調査によると、ひとり親世帯の貧困率は48.1%。およそ半数が生活に困窮しているのです。

その中でも大きな要因となっているのが養育費の不払いです。子どもの生活や人生にも深くかかわる、この養育費の不払いを改善すべく、支払いを立て替える養育費保証サービスが実施されるようになりました。

養育費に関するトラブルを抱えている方に心強いサービスですが、まだ普及し始めたばかりなこともあり、サービスの存在を知らない方も多いです。この記事で初めて知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事を読むことで以下の疑問に解消できるようまとめました。

・養育費保証がどんなものか知りたい
・養育費保証のメリット、デメリットって?
・サービスの選び方を知りたい

あわせてWEBアンケートをもとに、おすすめの養育費保証サービスをランキング形式でご紹介しています。養育費保証について考える参考としてください。

おすすめ養育費保証サービスランキング一覧!

イントラストの画像1
豊富なノウハウで安心して長期任せられる、プロの保証が受けられる優良保証会社

サポひよの養育費保証は、日本で初めて養育費保証を開始した抜群の信頼度を誇る保証会社です。堅実性と積極性を兼ね備えた財務戦略により、業績や財務内容が安定しているのが特徴です。

また、豊富な実績から支払人への対応ノウハウが蓄積されています。さまざまな理由で支払われない養育費に対しサポひよの養育費保証が立替え、督促を実施するため、未払いが発生しても当事者間の連絡は不要です。保証上限に達するまで、何回でも立替えてくれます。

サポひよの養育費保証(株式会社イントラスト)の強み

保証開始後の支払い率は95%以上!保証上限に達するまで、何回でも立替が可能
「ご契約者様の平均満足度90点」(10人中に8人が「知人にも紹介したい」と感じています)

サポひよの養育費保証 の基本情報

特徴 未払いが発生した場合、発生の翌月立替えを実施。未払いが発生しても当事者間の連絡は不要。催促もおこなってくれる。
料金プラン ■チャイルドサポート30
支払人と3者契約するのでお得&安心なプラン
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の100%分
更新保証料※契約後2年目から年1回
月額養育費の30%分

■チャイルドサポート50
支払人の同意なしで契約できるプラン
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の100%分
更新保証料※契約後2年目から年1回
月額養育費の50%分
保証サービス 家賃債務保証を中心に様々な保証サービスを提供。保証開始後は95%以上の支払い率を達成している。
問い合わせ メールフォーム
電話(0120-560-116)
会社情報 株式会社イントラスト
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル2階

サポひよの養育費保証の口コミ・評判を集めました

30代前半 離婚協議中 0歳半男の子
養育費がきちんと支払われている
養育費が支払われなくなるという話をよく聞いていたので、離婚調停の際に弁護士を通じて主人に保証の申込みを相談。結果的に養育費もきちんと支払われており、余分なことで苛々せずにすむのが良いのか、離婚後も元主人との関係は安定。面会交流もうまくいっており、子どもと二人の生活もなんとか頑張れています。

引用元:https://fair-life.jp/

20代後半 養育費受取中 2歳4ヶ月女の子
気持ちが楽になった
公正証書で取り決めをしたのに、離婚後すぐ支払いが遅れがちに。催促すれば払ってくれてはいましたが、いちいち言うのも気が引け、ストレスを感じていました。この先ずっと催促しないといけないのかと思うと、3ヶ月目にもうやっていられないと思い、養育費保証の申込みを決断。おかげさまで今では気持ちがすごく楽でストレスフリーです。

引用元:https://fair-life.jp/

匿名
対応を素早くしていただいてありがたいです。

引用元:https://fair-life.jp/child-support/lp80/

匿名
満足です。今まで遅れがちだった養育費が、期日までに入金されるようになったので。

引用元:https://fair-life.jp/child-support/lp80/

ミライネの画像1
おすすめポイント:元パートナーからの月額養育費を最大24ヶ月分立て替えてくれる

ミライネは、最大24ヶ月保証または、1年分一括前払いを実質負担0円で提供している養育費保証サービスです。業界最高水準の手厚い長期保証サービスのため、仮に滞納が発生しても元パートナーに自ら連絡することなく、養育費を安心して受け取ることができます。

お子様の学習支援サービスとして、利用者は提供の家庭教師センターにて学習支援サービスが特別割引で受講できるのも特徴です。

ミライネの強み

業界初の最大24ヶ月保証が受けられる!子どもの学習支援サービスも提供中

ミライネ の基本情報

特徴 最大24ヶ月保証もしくは一括立替をおこなう。養育費滞納に関しても相談可能。
料金プラン ■ミライネ24
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の1ヶ月分
保証期間※契約後契約満了まで毎月支払
最大24ヶ月
保証サービス 安心の2年間長期保証。
問い合わせ 電話・メールフォーム・LINE TEL:0120-980-820
会社情報 株式会社Mirail
〒142-0051 東京都品川区平塚1-12-9 加瀬ビル4階

ミライネの口コミ・評判を集めました

匿名
安心の24ヶ月保証
元旦那は養育費の話し合いに応じ、ちゃんと支払うと約束してくれましたが、漠然と不安がありました。そんなときにインターネットでミライネさんを知り、利用しました。保証期間が24ヶ月という長期間なので、漠然とした不安がなくなりました。

引用元:https://mirai-ne.com/

匿名
養育費を諦めなくてよかった
離婚に至るまでだいぶ揉めたので元夫とこれ以上関わりたくなく、養育費も諦めようと思っていました。そんなときに知人からミライネさんを紹介されました。養育費で子どもを塾に通わせることができたので、諦めなくてよかったです。

引用元:https://mirai-ne.com/

養育費保証PLUSの画像1
おすすめポイント:業界最長の手厚い保証とシングルマザーの自立を支援する心強いサポートが魅力

養育費保証PLUSは、業界最高水準の手厚い保証を提供しています。契約期間中は、最大36か月分を立替えするほか、養育費の請求に必要な法的手続費用(債務名義の取得・給与差し押さえに関わる法的な費用)の保証・手続きもサポートしてくれます。

対応にあたるのは経験豊富な相談員で、シングルマザー経験者も在籍しています。顧客目線に立った安心のサポートがうけられるのは他にはない強みといえるでしょう。

養育費保証PLUSの強み

契約期間中、最大36か月分を立替え。法的手続費用の保証・手続きもサポートする

養育費保証PLUS の基本情報

特徴 契約期間中最大36か月分を立替えをおこなう。養育費の請求に必要な法的手続費用の保証・手続きもサポートする。
料金プラン 初回保証契約料※契約時のみ
月額養育費の1ヶ月分
月額保証料※保証開始した月の翌月からお支払い
1000円/月
保証サービス 子供を守るために養育費を保証するサービス「養育費保証プラス」を提供している。
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社Casa
〒163-0230 東京都新宿区西新宿2‒6‒1 新宿住友ビル

養育費保証PLUSの口コミ・評判を集めました

鈴木剛
丁寧かつ迅速に進めてくれた
御社の養育費保証を使わせていただきました。終始丁寧にかつ迅速に進めていただき本当に感謝しております。また機会がありましたらよろしくお願いします!

引用元:https://www.google.com/

匿名
精神的な不安がない
養育費プラスを利用しているものです。地元の行政書士のおすすめという事で安心感もありました。分からない事だらけでしたが丁寧に対応して下さりとてもありがたかったです。 現在は毎月養育費の入金があります。やってみて分かる事ですがCasaさんを利用して精神的な不安が無いことは何よりの幸せです。いつも暖かいお言葉も担当者からたくさんいただきました。おかげさまで子供たちと幸せに暮らしております。

引用元:https://www.singlembbs.com/

【その他】おすすめの養育費保証サービス一覧

養育費安心サポート
基本情報
特徴 地方自治体の補助金対象サービス。手続きだけで6か月分の満額の養育費がもらえる。
料金プラン “もしも”の時の保険プラン
■プチコース
初月契約料 9,800円(税込)
月額(2か月目以降) 1,980円(税込)
■スタンダードコース
初月契約料 1万4,800円(税込)
月額(2か月目以降) 2,980円(税込)
■プレミアムコース
初月契約料 2万4,800円(税込)
月額(2か月目以降) 4,980円(税込)
など
保証サービス 元パートナーの連帯保証人となって養育費を立て替え、同時に立替金の返還を催促してくれる。
問い合わせ  電話・メールフォーム・LINE
TEL:0120-540-651
会社情報 アスクプロ株式会社
〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目5番1号

もし離婚をした場合、離婚後の生活で不安に思うことは? WEBアンケートで調査!


養育費保証サービスについて詳しく解説する前に、実際に離婚を考えたことがある方や、離婚経験のある方はどのくらいいるのでしょうか?また、離婚後の生活でどのようなことを不安に感じるのでしょうか?今回は全国の皆さんに離婚に関するアンケート調査をおこないました。それでは結果の詳細を一緒にみていきましょう。

離婚を考えたことや、離婚をしたことがある方々に「もし実際に離婚をするとなった場合、離婚後の生活で不安に思うことはあるか」を聞きました。
離婚後の生活で不安に思うことはありますか。アンケート結果画像

離婚後の生活で不安に思うこととして最も多く選ばれたのは「生活費」で28%でした。共働きであれば夫婦二人で働いたお金で生活ができますが、離婚して自分の稼ぎだけで生活していく場合、経済的に苦しくなる可能性もあるでしょう。

また、親権者となった場合には子どもを育てていくお金も必要になります。子どもを自分ひとりで育てていくことは決して簡単ではありませんので、養育費を相手からきちんと支払ってもらい、親としての責任を果たしてもらいましょう。

次に多かったのは「自身のメンタル」で22%でした。すべての離婚が円満に解決するわけではありません。

なかには離婚協議が難航し、精神的に疲れ切ってしまっている方もいるでしょう。さらに離婚後、生活環境の変化や家庭と仕事の両立、子育てへのプレッシャーなどを一人で抱えることに不安を感じるという方もいるのでは?離婚後のストレスを少しでも軽くするために、プロに頼る選択肢も視野にいれておきましょう。

3番目に多く選ばれたのは「老後の心配」で20%でした。離婚することで寂しさや孤独感を感じることもあるでしょう。

また、切っても切りはなせないのが将来的なお金の不安です。離婚を機に生活に必要な収入はどれくらいなのか、自分のできることや今後していきたいことは何なのかなど、今後の人生設計をもう一度見つめなおしてみてもいいかもしれません。

アンケートの結果は以上となりますが、離婚した場合にみなさんが不安に感じるポイントがわかりました。当サイトでは、離婚後のお金の問題を解決してくれる養育費保証サービスを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

次の見出しからは、そんな養育費保証サービスが注目されている理由についてポイントを押さえて解説させていただきます。

養育費を受け取れない人が増えている?養育費保証サービスが注目されている理由とは


養育費を受け取れない人が増えている?養育費保証サービスが注目されている理由とはの画像
養育費保証サービスは、平成30年に開始された比較的新しいサービスです。開始から数年で多くの人に注目されているのは、養育費支払いについての現状の問題が関係しています。まずはなぜサービスが注目されているのかを理解しましょう。

日本における養育費の現状

現在、子どもに関する問題で深刻なのが、離婚後の養育費です。離婚後、継続的に養育費をもらえている母子家庭は24.3%と、かなり低い状態にあります。現状、日本にいる母子家庭の約75%もの世帯が、養育費を受け取れていません。

ひとり親世代の貧困は、テレビやネットニュースなどでもたびたび取り上げられていますが、その原因のひとつが、養育費の不払いです。本来なら払ってもらえるはずの養育費がもらえなければ、当然貧困状態に陥ります。

子どもが小さい・預け先がないなどの問題があると、ひとり親では満足な収入を得ようとしても難しくなります。日本が抱える養育費の問題は、非常に深刻な状態にあるといえるでしょう。

養育費の不払いが起こる理由

そもそも、なぜここまで養育費をもらえない人がたくさんいるのでしょうか。これは、保護者の知識不足が関係しています。

多くのひとり親は、費用の問題を知らず「書面を交わしたから大丈夫」「未払いでもなんとかなるだろう」と考えてしまいます。しかし、実際は契約を交わしたのに逃げ出す親や、支払う側も貧困状態にあり、養育費をもらえない状態に陥っている世帯数が多くなっているのです。

養育費は強制執行してもらうこともできますが、勤務地や住所が変わっていると、実施できません。そもそも、強制執行したところで相手がお金をもっていないために、空振りになるケースも多いです。

最初の取り決めの時点でうまくいかない・強制執行したくてもできないなどの状態が、ひとり親の貧困を生み出しているといえます。養育費保証サービスが注目されたのは、現状を考えると必然といえるでしょう。

国や自治体も対応し始めている

深刻な状態を受け、国や自治体もひとり親の貧困問題に注目しています。対策として、全国の80か所以上の自治体が「養育費保証の契約にかかる初回保証料の補助事業」を開始しました。

これは、養育費保証サービスを利用するときの保証料を自治体が負担してくれる事業です。しかし、あくまでも負担をするだけで、実際に自治体が回収してくれるわけではありません。現状を考えると、支援はまだ十分ではないといえるでしょう。


・日本では約75%もの母子家庭が養育費をもらっていない状態である
・養育費をもらえない世帯が多いのは養育費に関する知識のなさや相手の経済状況が原因
・国や自治体も力を入れているが十分な支援とはいえないのが現状

養育費不払いの回収代行はどこに頼めば?養育費の保証をしてくれる3者を紹介


養育費不払いの回収代行はどこに頼めば?養育費の保証をしてくれる3者を紹介の画像
養育費の不払いが発生したとき、どこに依頼すればよいのでしょうか。不払い発生の状態によりますが、弁護士・自治体・民間会社の養育費保証サービスが利用できます。それぞれの特徴を解説します。

弁護士

弁護士は費用さえ払えば回収を代行してくれます。利用条件が費用だけなので、お金さえ用意できれば相談可能です。

養育費の不払いへの対応と聞くと、多くの人は差し押さえを思い浮かべるかと思います。しかし、実際は電話や郵便による督促や、調停・履行命令などの申し立てなど、さまざまな方法が利用できます。

弁護士に依頼すれば、状況に応じた最適な回収方法を提案・実行してくれます。養育費は基本、請求が遅ければ遅いほど取り返すのが難しくなるうえに、請求期限があり、迅速な対応が必要です。確実に取り戻すなら、弁護士に頼るのが一番といえるでしょう。

また、不払いを受けているために発生している負担を軽減するためのアドバイスも可能です。助成金や割引手当の申請も手伝ってくれます。不払いで困った事態に遭遇していても安心です。離婚時など、養育費の支払い金額を取り決めるときに弁護士を利用していれば、不払いの予防もできます。

さまざまなメリットがあり、とても頼りになる弁護士ですが、依頼するにはまとまった金額の報酬が必要です。費用を用意できなければ、弁護士は利用できません。また相手の経済状況により、弁護士費用を払ったけれど養育費を回収できなかったケースもあります。

自治体

現状の部分でも少し解説しましたが、自治体の中には不払いに陥った世帯を助ける制度があります。養育費の支払いが不払い状態になったとき、自治体が代わりに養育費を支払ってくれる仕組みです。立て替え作業は自治体から委託された保証会社が行います。

弁護士や民間会社のサービスのように利益を目的としておらず、非営利で運営されています。そのため、申し込みできるのは、既に養育費が不払い状態になっている方だけです。その代わり、弁護士の成功報酬や、民間企業の保証料などが発生しません。安心して利用できます。

とても便利な制度ですが、現在導入している自治体は非常に少ないです。利用できるところに住んでいたとしても、予算の関係上利用人数が限られています。また、自治体が委託している保証会社しか使えないなど、デメリットもあります。

民間会社の養育費保証サービス

民間会社の養育費保証サービスは、保証会社が養育費の支払いを代行してくれるサービスです。

申し込み条件と審査をクリアし、保証料を支払えば、養育費を確実に確保できます。養育費の不払いは、相手がリストラや倒産などの会社都合の退職や、病気・けがによる長期療養などが原因の場合もあります。

このような場合、回収するお金がないため、養育費を支払ってもらえなくなります。しかし、サービスを利用していれば、保証会社が代わりに支払ってくれます。万が一の事態が発生しても安心です。

条件を満たし、審査を突破する必要があるうえに、保証料が必要ですが、いざというときの備えとしては十分効力を発揮してくれます。子どもの生活と将来をしっかり支えてあげたいなら、民間の養育費保証サービスは迷わずおすすめしたいサービスです。


・確実に回収代行してほしいなら弁護士が適切だが費用が高め
・養育費回収サービスを自治体で利用できるところもあるが課題が多い
・万が一の事態に備えるなら民間企業のサービスを利用するとよい

養育費保証サービスの仕組みと利用方法


養育費保証サービスの仕組みと利用方法の画像
便利な養育費保証サービスですが、仕組みや利用方法を知らない状態では依頼できません。なぜ保証ができるのか、どうやって利用するのかを覚えておきましょう。サービスの仕組みと利用方法を解説します。

サービスの仕組み

養育費保証サービスは、民間の保証会社が実施しているサービスです。離婚時に取り決めた養育費が何らかの理由で支払えなくなったとき、代わりに保証会社が支払ってくれます。企業が支払った養育費は後で相手に請求・督促します。

サービスの利用には、受取人だけでなく支払人も契約しなくてはなりません。つまり、離婚が決まり、養育費の支払いを取り決める際に契約する必要があります。契約には支払人の同意が必要なため、利用を検討している方は、支払人に対して契約に関する相談と同意を先に取得しておきましょう。

養育費の支払いが開始される前に契約する必要があるため、支払いが滞った段階で保証会社に連絡しても利用できません。利用には事前の契約が必要な点にご注意ください。

サービスの利用方法

サービスを利用するには、準備が必要です。まずは必要書類を用意しましょう。サービスの申し込みには、離婚協議書や同意書・家庭裁判所の調停調書や審判書・判決書が必要です。養育費の支払いを取り決めたことがわかる書類を用意してください。

また、サービスの利用には保証料が必要です。保証料は初回・毎月・更新の3つの費用を用意しなくてはなりません。保証料を誰が支払うかを契約前に決めておきましょう。受取人が保証料を支払うケースが多いです。

書類の準備や取り決めが終わったら、必要書類を本人確認書類とともに、保証会社へ提出します。多くの会社がWEB申し込みを採用しています。申し込みには、支払人の勤務先・勤続年数・収入などの情報が必要です。間違いのないよう入力しましょう。心配なら、必要書類とともに入力事項がわかる書類を用意しておくと安心です。

入力と申し込みが終わると、情報をもとに会社による審査が行われます。審査は大体数日で完了します。合格できれば契約締結となり、保証料の支払いに移ります。

最初に支払う初回保証料は、1か月分の養育費と同額を請求されることが多いです。まとまったお金が必要なため、事前に用意しておきましょう。多くの会社が初回保証料支払い時に保証開始となります。

初回保証料を支払ったら、あとは毎月の保証料を支払っていきます。更新は1年ごとに行われるため、支払いのタイミングや金額にご注意ください。


・養育費保証サービスを使えば万が一の事態でも生活費の心配がない
・利用には事前契約や審査が必要
・保証料の発生タイミングや金額に注意する

養育費保証サービスのメリットとデメリット


養育費保証サービスのメリットとデメリットの画像
養育費保証サービスはとても便利ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。賢く利用するには、両方の知識を得ておかなくてはなりません。サービスを利用するうえで注目すべきメリット・デメリットを解説します。

サービス利用で得られるメリット

サービス利用で得られる最大のメリットは、不払いの心配をする必要がないことです。支払人が万が一の事態に遭遇しても、いつもと変わらない額の養育費を受け取れます。突然の未払いにも対応できるため、安定した生活を確保できます。

また、養育費保証サービスは、支払人の経済状況に関係なく回収ができるシステムです。弁護士などに回収を依頼する場合、相手の経済状況により満足な額を回収できない場合があります。保証サービスは、支払いは保証会社が行うため、回収不備の心配もありません。

サービスは保証会社が契約にのっとって提供しているため、法的な手続きや費用は必要ないのもメリットです。法律にのっとって費用を回収しようとすると、さまざまな手続きや費用が発生します。

ひとりでも知識があれば手続きはできますが、とても大変です。弁護士に代行を依頼することもできますが、費用がかかります。保証サービスは契約の時点で手続きを済ませているため、万が一の事態が起きたら保証会社に連絡するだけです。手続きの手間や費用がいらないのも、うれしいポイントです。

このほか、保証サービスを利用すれば、支払人にいちいち連絡を取る必要がありません。不払いが起きたときに連絡するのは、保証会社だけです。支払人にできるだけ連絡を取りたくない場合にも便利なサービスといえます。

サービス利用に関するデメリット

メリットがたくさんある養育費保証サービスですが、デメリットもあります。特に気を付けたいのが、法に抵触する可能性がある点です。本来なら弁護士が行わなくてはならないことを、資格のない人や企業が実施しているとみなされ、弁護士法に違反していると判断される可能性があります。

法に抵触していると判断されるのは、あくまでも保証会社です。注意や処罰を受けた企業を利用していたとしても、利用者が罰則を受けることはありません。しかし、企業がコンプライアンスの観点からサービスを中止する可能性があります。

せっかく契約しても、サービス自体が停止となっては意味がありません。このデメリットを避けるには、法に抵触する恐れのない保証会社を選ぶ必要があります。具体的には「養育費の立て替えおよび立替金に限る督促の実施」のみ提供している会社です。保証会社を選ぶ際は、弁護士法に抵触していないかを確認しておきましょう。


・保証サービスを利用すれば養育費の不払いを防止できる
・不払い時の手続き・費用・連絡の手間を取られない
・サービス内容により弁護士法に抵触する恐れがあるため、法律を意識した保証会社選びが重要

後悔しない養育費保証サービスの選び方のポイント


後悔しない養育費保証サービスの選び方のポイントの画像
養育費保証サービスは、賢く活用すれば万が一のときの強い味方となります。デメリットによる影響を抑えるには、保証会社を選ぶときのポイントを押さえておかなくてはなりません。ここでは、後悔しない保証会社の選び方を解説します。

実績や対応ノウハウのある会社を選ぶ

保証サービスは、立替金を支払人から回収することで成り立っています。支払人への対応がしっかりしていないと、サービス自体が終了してしまう恐れもあります。複数の企業から選ぶときは、実績の豊富さや回収率の高さに注目してください。

どんなに保証内容がよくても、実績がなければ継続して運営できません。堅実な商品設計を心がけているか・顧客へのサービスを一定の品質で維持することに力を入れているかもチェックしてください。

保証期間や保証料に注目

保証サービスの期間や料金は、会社ごとに違います。たとえば、保証サービスの期間は1年契約であるところが多く、1年ごとに更新料が発生するところが多いです。しかし、中には3年保証など、ほかの会社よりも長めの保証期間を設定しているところもあります。

また、保証料金もさまざまです。初回保証料を支払った後、月額で料金を請求するところが多いですが、中には月額費用がいらないところもあります。

送金手数料だけで利用できるところもあるため、保証料の支払いを最小限に抑えたいなら、支払いシステムにも注目しましょう。

養育費以外のサービスにも注目

保証サービスの中には、養育費保証以外のサービスを提供しているところも多いです。仕事探しや家計相談など、生活を支えるサポートだけでなく、学習相談など、子どもの将来に役立つサポートもあります。

また、弁護士法の抵触を避けるために、サービスを養育費保証だけに絞って行っている会社もあります。コンプライアンスを重視している会社は、サービスを少しでも長く続けられるよう力を入れているところが多いです。顧客目線で安心を提供しています。

サービス内容が充実していないと、不親切に感じる方もいるかもしれません。しかし、見方を変えれば顧客の安全性を重視していることがわかります。サービス内容を確認するときは、サービスの数ではなく内容を全体的にチェックするのが大切です。

保証会社により、重視するサービス内容はそれぞれ違います。保証サービスを選ぶときは、自分と子どもにはどんなサービスを選ぶべきかを考えながら検討するとよいでしょう。

支払方法やプランを選択できるかも重要なポイント

保証会社の中には、複数のプランや支払方法を用意しているところもあります。複数プランを用意しているところの中には、支払人との契約が不要なプランや、保証期間を長めに設定できるプランを用意している会社もあります。

中には不払いや遅延が発生している状態でも利用できるプランもあり、緊急時の利用も可能です。その分料金はほかのプランよりも高めな傾向にありますので、ご注意ください。

また、プランだけでなく、養育費の支払い方法を選べる会社もあります。1年分の養育費を一括請求できるなど、まとまったお金が必要な場合に便利なシステムです。

また、保証料を安く済ませられるタイプもあります。家計事情に合わせた支払・料金プランに注目して選ぶのも、よい選び方です。

サービス選びで迷ったときのポイント

サービスを選ぶとき、複数の会社で迷うときもあります。迷ったときは、欲しいサービスに優先順位をつけましょう。たとえば「支援サービスは少なくていいから、保証料を節約したい」「養育費保証だけでなく、ほかの支援も受けたい」「養育費を一括請求したい」などです。

要望を整理し、確実に欲しい要素はどれかを考えながら選ぶと、よい保証会社を見つけられます。迷ったときはサービスに対する優先順位を整理しましょう。


・保証会社を選ぶときは実績やノウハウに注目する
・保証以外のサービスやコンプライアンスもチェック
・迷ったときは欲しいサービスに優先順位をつける

養育費保証サービス選びは対応ノウハウと回収力を重視しましょう


養育費保証サービスは、ひとり親が迎える万が一の事態に備えるためのサービスです。離婚時に契約しておけば、支払遅延や不払いが発生しても代わりに保証会社が対応してくれます。

サービスの維持には支払人への対応ノウハウや回収力が重要です。養育費保証サービスを選ぶ際は、まず会社の実績をチェックしましょう。

おすすめ養育費保証サービスの一覧表まとめ

イメージ1
2
3
会社名サポひよの養育費保証ミライネ養育費保証PLUS
特徴未払いが発生した場合、発生の翌月立替えを実施。未払いが発生しても当事者間の連絡は不要。催促もおこなってくれる。最大24ヶ月保証もしくは一括立替をおこなう。養育費滞納に関しても相談可能。契約期間中最大36か月分を立替えをおこなう。養育費の請求に必要な法的手続費用の保証・手続きもサポートする。
料金プラン■チャイルドサポート30
支払人と3者契約するのでお得&安心なプラン
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の100%分
更新保証料※契約後2年目から年1回
月額養育費の30%分

■チャイルドサポート50
支払人の同意なしで契約できるプラン
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の100%分
更新保証料※契約後2年目から年1回
月額養育費の50%分
■ミライネ24
初回保証料※契約時のみ
月額養育費の1ヶ月分
保証期間※契約後契約満了まで毎月支払
最大24ヶ月
初回保証契約料※契約時のみ
月額養育費の1ヶ月分
月額保証料※保証開始した月の翌月からお支払い
1000円/月
保証サービス家賃債務保証を中心に様々な保証サービスを提供。保証開始後は95%以上の支払い率を達成している。安心の2年間長期保証。子供を守るために養育費を保証するサービス「養育費保証プラス」を提供している。
問い合わせメールフォーム
電話(0120-560-116)
電話・メールフォーム・LINE
TEL:0120-980-820
メールフォーム
会社情報株式会社イントラスト
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル2階
株式会社Mirail
〒142-0051 東京都品川区平塚1-12-9 加瀬ビル4階
株式会社Casa
〒163-0230 東京都新宿区西新宿2‒6‒1 新宿住友ビル
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

離婚して子どもと同居しない片方の親は、親の責任として同居親に対して養育費を支払わなければなりません。しかし、養育費は取り決めをしたにもかかわらず不払いになることがあり、それを防ぐために養育費 ・・・[続きを読む]
子どもがいる夫婦が離婚することになった際、問題になりやすいのが養育費についてです。養育費とは子どもが社会的に自立するまでに必要な費用のことですが、離れて暮らすことになっても親として養育費を支 ・・・[続きを読む]
お子さんがいる夫婦が離婚することになった際、問題になりやすいのが養育費についてです。養育費とは、子どもが社会的に自立するまでに必要な費用のことですが、離れて暮らすことになっても親として養育費 ・・・[続きを読む]
今回は養育費について説明します。そもそも養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。基本的には、子どもが社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教 ・・・[続きを読む]
養育費の不払いに悩んでいる人も多いでしょう。養育費には、連帯保証人がつけられることをご存知でしょうか。この記事では、養育費に連帯保証人をつける必要があるのかどうか、メリットを踏まえて説明しま ・・・[続きを読む]
お子さんがいる夫婦が離婚することになった際、問題になりやすいのが養育費についてです。養育費とは子どもが社会的に自立するまでに必要な費用のことですが、離れて暮らすことになっても親として養育費を ・・・[続きを読む]
日本は少子高齢化社会といわれています。その原因の一つとして、年々減少しているといわれている婚姻率(結婚)があります。その結婚と切っても切り離せない関係にあるのが離婚です。その離婚と深く関係し ・・・[続きを読む]
養育費安心サポート(アスクプロ株式会社) 住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目5番1号 TEL:0120-540-651(24時間)/03-6384-2177 (代表) 実質無料 ・・・[続きを読む]
子どもの人数に応じて支払う金額が変化します。金額の目安を知りたい人は、今回の記事を参考にしてください。養育費の目安は算定表で確認できますが、こちらはあくまで目安であることを知っておきましょう ・・・[続きを読む]
受け取る人も支払う人も金額の目安を知っておくことは大切です。相場をもとに養育費の金額について交渉できるからです。この際、収入や子どもの人数によって金額の目安が変化することを知っておきましょう ・・・[続きを読む]
離婚して子どもと同居しない片方の親は、親の責任として同居親に対して養育費を支払わなければなりません。しかし、支払義務者から養育費がきちんと支払われないことに悩んでいる方も多いのではないでしょ ・・・[続きを読む]
離婚して子どもと同居しない片方の親は、親の責任として同居親に対して養育費を支払わなければなりません。そして、養育費について取り決めをするときは、ふたりで約束をするのではなく、公正証書を作成す ・・・[続きを読む]
離婚して親権を取らなかった片方の親は、親の責任として同居親に対して養育費を支払わなければなりません。養育費の支払いは義務とされていますが、どのような法律なのか、さらに支払いが滞った場合はどの ・・・[続きを読む]
養育費という言葉を耳にすると、自分自身の生活費や慰謝料なども一緒に請求できるイメージがあるかもしれませんが、その認識は正しくありません。養育費は、まだ自分で生計を立てられない子どもを養うため ・・・[続きを読む]
ひとり親家庭における養育費の受給状況について、受け取ったことのない家庭は母子世帯で56%、父子世帯で86%に及ぶという調査結果が出ています。そんな経済的に厳しい状況に陥りやすいひとり親家庭を ・・・[続きを読む]